工業化学科とはどんな学科か

私たちはいろいろな「モノ」に囲まれて生活しています。それは、道具であったり食べ物だったりといろいろなのですが、それらは全てたった118種類の「原子」からできていることは知っていますか?(もちろん私たちヒトだってたくさんの原子からできているのです。)
工業化学科は、「原子」が何からできているか、どのように動くのか、どんな性質があるかを学習することで、私たちが必要とする「モノ」の取扱い方を身につける学科です。
また、工業化学科には専門の先生方が6名いて、3年間の高校生活のことや資格の取得方法についてアドバイスをしています。特に資格取得については、工業化学の専門的な職業に就くためのもの、社会人として必要なマナーに関するもの、コンピュータ操作に関するもの・・・など、幅広い指導体制をとっています。
近年は、高校生ものづくりコンテスト全国大会に北海道の代表として出場したり、産業教育体験発表会や工業クラブ大会での課題研究発表など、生徒がいろいろなところで生き生きと活躍している学科です。

どんなことを学ぶのか

工業高校で学習する科目は、各実習室での実習(実際に体を使うものづくりの学習)と教室での授業(座学と呼んでいます)の二つに分けられます。3年間で実習と座学が互いに関連しながら、基礎から応用までを一つずつ学んでいく学校なのです。
工業化学科は、道北圏でただ一つ環境に重点を置いた科目を学習することができ、それを実際にやってみる実習があります。

実習系の科目
工業技術基礎(1年生)
工業化学実習(1~3年)
課題研究(3年生)
座学系の科目
工業化学(1~3年生)、化学工学(2~3年生)、
地球環境化学(2年生)、生産システム技術(3年生)、
地域産業と化学(3年生:選択)

将来どんな方向に進むのか

卒業後は、学んだ専門的な工業化学技術により製品の製造開発分野の職業に就く者、環境を主軸に置いた幅広い産業全般への就職を目指す者、さらに専門性を深めて技術者を目指すために大学に進学する者など、個人の可能性を生かした進路を選択しています。

近年の就職先

道外
富士石油、コスモ石油、丸善石油化学、住友化学、昭和電工、東燃化学、東燃ゼネラル、日立化成工業、巴商会、三井化学、DIC、新日本製鐵、チッソ石油化学、東亜石油、出光興産、旭化成ケミカルズ、日油
道内
シチズン夕張、山崎製パン、苫小牧東部石油備蓄基地、出光興産、石油資源開発、JX日鉱日石エネルギー
管内
竹本容器、男山、旭川計量機、ミヤ工業、荏原環境プラント・・・など

近年の進学先

北見工業大学、千歳科学技術大学、北海道東海大学、北翔大学、北海道科学大学、旭川大学、旭川高等技術専門学院、各種専門学校・・・など

どんな資格がとれるのか

資格は、個人のタカラであると同時に、高校生にとっては自分の努力の成果を人に認めてもらう材料となります。先輩に続いて、多くの資格に挑戦してみましょう。

  • 危険物取扱者乙種各類
  • 二級ボイラー技士
  • 計算技術検定
  • ICTプロフィシエンシー検定
  • 日本語ワープロ検定
  • 日本漢字能力検定
  • 実用英語技能検定・・・など

 
工業化学科新着情報
12
2019/06/25

神楽児童センターで実験ショーしました。 工業化学科

| by ユーザー1
622日に神楽児童センターで小学生を対象とした「おもしろ実験ショー」を開催してきました。参加していただいたみなさん、ありがとうございました。

これまで手伝いをしてきた2年生が3年生に進級し、初めて仕切る出前イベントです。自分たちでやってみるととても大変で、主体的に動ごいていく大変さを痛感しました。定番の「バナナで釘打ち」が成功でき、ほっとしました! 

またペットボトルや厚紙を使った空気砲の工作では、かっこよく作ることができ、小学生には好評でした。沢山の試作品も無駄ではないのです。

イベントに行った14名の生徒達、お疲れ様でした。1年生も次は一緒に行きましょう。次は89日サイパルで実験ショーがありますので、頑張ろう!!

 


20:16
2019/03/15

まなびピアに参加しました 工業化学科

| by ユーザー1
 210日に市民文化会館で行われた旭川生涯学習フェア「まなびピア」に参加してきました。昨年に引き続き2回目の参加です。プラ板フラワー工作ブースの運営でしたが、今回は3年生が引退し、2年生主体の初めての活動でした。先輩達が行っているのを間近で見てきましたが、自分たちで仕切るのはなかなか大変でした。不慣れな所もあり、ご迷惑おかけする場面があったかもしれません。多くのお客様に来ていただき、本当にありがとうございました。真剣に取り組んでくれる子ども達の顔を見ていると、私たちもやりがいがあります。また次年度以降も頑張っていきますので、よろしくお願いします。

17:25
2019/01/29

工業クラブ大会でスペシャリスト大賞を受賞しました!(工業化学科)

| by ユーザー1

 1/25()に室蘭工業高校で開催された「平成30年度 工業クラブ大会」の「課題研究発表部門」に参加してきました。今回発表したのは「実験の楽しさを知ってもらおう」というテーマで一年間活動をしてきたチームです。今年の活動を、実際にその様子を紹介しながらプレゼンテーションを行った結果、栄えある「スペシャリスト大賞」を頂く事ができました。

 この受賞は、様々な場所で活動の機会を与えて下さった方々のお陰です。今年一年、ありがとうございました。今度は、2年生の後輩達が受け継いでいくことになります。

 2/10()に、旭川市民文化会館で行われる「まなびピアあさひかわ」でもイベントを行いますので、ぜひ足を運んでみて下さい!


18:41
2019/01/23

「工業クラブ大会」で課題研究の発表をしてきます!(工業化学科)

| by ユーザー1

125日(金)に室蘭工業高校を会場に開催される「工業クラブ大会」。全道各地の工業高校の代表生徒達が集まり、一年間それぞれが掲げたテーマを研究した「課題研究」の成果発表や、関数電卓を使用した「計算技術」の技を競う大会です。

今年は、工業化学科で一年間活動した「実験の楽しさを知ってもらおう」チームが出場する事になり、明日の出発に向けて最終調整をしました。

明日のリハーサルを経て、明後日の本番を迎えます。大勢の前で発表するのは緊張するとは思いますが、子供達に楽しさを伝えた気持ちを思い出して、頑張ってきて欲しいと思います!


22:10
2019/01/13

神居児童センターで「プラ板工作体験」を実施しました!(工業化学科)

| by ユーザー1

1/13() 、神居の児童センターで小学生の児童を対象に「プラ板工作体験」を実施してきました。今回は、工業化学科2年生と1年生の有志達によっての実施です。

旭川市が推進する「子ども朝活事業」の一環として参加させて頂きましたが、集まった子供達は、プラ板に色を塗ったり、熱で変化していくプラスチックの様子やグルーガンを使っての作業など、普段することのない楽しさに興味津々でした。にぎやかな一時間を過ごした後は、昼ご飯を食べてからのレクレーションで盛り上がりました。210日(日)の「まなびピアあさひかわ」でも生徒達と、楽しい時間を過ごして頂ければと思います!



21:10
2019/01/11

旭川市科学館サイパルで実験ショーをしてきました!(工業化学科)

| by ユーザー1

 新年、あけましておめでとうございます!
 今年も工業化学科では、色々な所で「実験の楽しさ」を知ってもらうべく活動をしていきたいと思います。今年最初の実験は、恒例になりました「旭川市科学館・サイパル」での実験ショーです!
今回は、「空気の世界へようこそ」という事で、昨年の内容をパワーアップした企画でお届けしました。とても寒い一日となった中、会場となったサイエンスシアターには、
100名以上の子供達が訪れてくれました。実験を見て驚く子、純粋に楽しんでいる子たちが多くいて、ピュアな子供達に参加した生徒達も思わず笑顔がこぼれていました。
今年の夏も引き続き実験ショーを行っていく予定ですので、今から楽しみにしていて下さい!

 また、2/10()には、旭川市民文化会館で開催される「まなびピアあさひかわ」というイベントに参加します。プラ板を使ってお花を作る「プラ板フラワー」の体験をしておりますので、ぜひ足を運んでみて下さい。旭川市のホームページ、まなびピアのページでも紹介されています!

 http://www.city.asahikawa.hokkaido.jp/kurashi/329/330/331/p002701.html


19:41
2018/12/17

ビジネスアイディア甲子園で審査員特別賞(工業化学科)

| by ユーザー1
平成30年12月15日、第17回全国高等学校ビジネスアイディア甲子園最終審査会が大阪商業大学で開催されました。最終審査にノミネートされた本校の工業化学科3年上見七桜さんが審査員特別賞を受賞しました。



全国高等学校ビジネスアイディア甲子園は、大阪商業大学と毎日新聞社の主催による、全国の高校生から新しい商品やサービスに関するアイディアを募集するコンテストです。
今回は133校7,591件の応募があり、「使い切り固形ハンドクリーム」で応募した上見さんが見事上位6作品の中に選ばれ、最終審査会で5分間のプレゼンテーションを行いました。
グランプリ受賞には至らなかったものの、発表時のトラブルを堂々とした態度で乗り越え、審査員特別賞を受賞しました。
09:56 | ニュース
2018/10/14

「多世代ふれあいフェスタ」に参加しました!(工業化学科)

| by ユーザー1

 今日は、旭川市立緑新小学校の体育館を会場に開催された「多世代ふれあいフェスタ」に参加してきました。このイベントは地域の皆さんを対象に、世代を超えた交流を行うもので、バルーンアートや綿飴づくりなど子供から大人まで楽しめるイベントとなっています。

 工業化学科では、液体窒素による実験ショーを始めとして、プラ板フラワー作りや、はじけるポップコーンで会場を盛り上げました。多くの方にブースを訪れて頂きましたが、皆さんに満足して頂けたと思います。参加した7人の生徒達、お疲れ様でした。また次も頑張ります!


22:28
2018/09/29

食べるたいせつフェスティバルで、ミニ実験のブースです!(工業化学科)

| by ユーザー1

9/29()、大雪アリーナで開催されていた「食べるたいせつフェスティバルinあさひか2018」に参加してきました。これはCO-OPさっぽろが毎年主催している事業で、食育をテーマとし、いつも5,000人近くの人が来場しているイベントです。

 今年は「工業化学科」のブースとして、熱によってポップコーンがはじける仕組みや、液体窒素で凍らせるシャーベット、化学反応のお菓子であるカルメ焼きなどを披露しました。カルメ焼きは、なかなかうまくいかずに失敗も多かったですが、集まったお客さん達からも大好評のブースとなりました。見に来てくれた方々、ありがとうございました!
22:10
2018/08/03

旭川市科学館サイパルで実験ショーイベントです!(工業化学科)

| by ユーザー1

 8/3(金)今日は、旭川市科学館・サイパルで「-196℃の世界 何でも凍らす液体?」と題した実験ショーイベントを行ってきました。昨年からスタートしたこのイベント、今年も1日2回の実施でしたが、どちらも定員を大きく超える幼稚園児から大人まで、幅広い方々に実験を見て頂きました。
開始時間前から並んで見に来て頂いた方々も大勢いて、本当にありがとうございました。

 まだまだこれからも内容を変えた実験イベントは続きますので、今後のイベントをお楽しみに!

22:20
12
COUNTER15149
HOMEPAGE TOP