電気科とはどんな学科か

電気は、言わずと知れたライフラインで、様々なエネルギーに変換でき、幅広い用途に使用されているオールラウンドな万能エネルギーです。また、熱として使用した場合、有毒ガスや匂いが発生しません。使用量の調整も簡単です。さらに、電線やケーブルで容易に送ることができます。電気は光と同じ速さなので、時間のロスもありません。

このように、便利で多彩な電気をどのように扱うか、どのようなものに利用するのかを専門的に学習するのが電気科です。

将来どんな方向に進むのか

電気の用途は幅広いので、電気関連で様々な職種があります。電気工事だけでも、内線・外線、電気設備、施工管理、保守などがあります。

電気を使わないところはないので、多様な業種の企業から求人がたくさんあります。資格を多く取得して、入社後も人間力が高いと評価されているので、本校電気科だけの限定求人が多いです。


どんな資格がとれるのか

  • 電気は万能エネルギーなので便利だが、使い方を間違うと命に関わるほど危険です。
  • 用途ごとに資格が必要で、無資格ではできない作業もあります。
  • 本校電気科は資格取得に力を入れています。入学から卒業まで資格取得を目指します。
  • 多くの資格を取得することで進路選択の幅が広がります。

資格取得状況(H27年度)

 合格者
第一種電気工事士7名
第二種電気工事士11名
危険物取扱者 丙種2名
危険物取扱者 乙種 4類1名
危険物取扱者 乙種 6類2名
消防設備士 乙種 7類1名
  • 危険物取扱者…工場・コンビナートなどで、重油、ガソリンなどの危険物を取り扱う
  • 第一種・二種電気工事士…自家用電気工作物など高圧・一般住宅や商店など低圧電気工事
  • 消防設備士…ビル・学校などの火災報知器等の設備の保守・点検・工事を行う

授業風景

 
 
HOMEPAGE TOP