土木科とはどんな学科か

土木ということばは、中国の「築土構木」という古語に由来するといわれている。しかし、ことばの意味を最もよく表現しているのは、英語の「シビル・エンジニヤリング」である。すなわちシビルとは「一般市民の」「市民社会の」という意味であり、エンジニヤリングとは、「技術」「工学」をさし、人間の生活、文化の発展に役立たせるための技術である。
人間が定着して生活するようになったとき、最初の仕事が水田の開墾であった。水田をつくるために川から水を引いたが、このことは水平を測る何らかの技術をもっていたと判断してもよいだろう。その後、社会が発展し新しい都市づくりや、新しい交通機関の建設にあたってきたもの土木技術者であった。
土木の名前のとおり、昔は土と木で工事を行うことが多かった。しかし、現在の土木技術は、コンクリート、鉄鋼を材料とし、設計や工事管理には、コンピュータを導入するなど、現代科学の最先端の技術を用いて、世界中の国の発展に貢献している。このように貢献できる技術者になるために学ぶのが土木科である。

どんな事を学ぶのか(土木科の科目と内容)

土木実習

測量実習
距離や角度や高低差を測ります。
施工実習
施工作業により工作物をつくります。
実験実習
コンクリートや鉄筋の強さ、土の性質と強さや土木材料の性質などを実験します。

土木製図

基本製図
製図の基本である文字や線その他製図の基礎を学びます
施工実習
測量実習での実測の結果を図面にしたり、設計したりします。
実験実習
橋の設計を自分で行い、それを図面に表します。

測量

土木基礎力学
橋など土木構造物の力学的計算方法の基礎を学び、水や土の力学的性質を学びます。
測量
測量の仕方や計算の仕方、機器の取扱いの方法を学びます。
土木施工
土木工事の方法を全般的に学びます。
社会基盤工学
道路、鉄道、河川などの社会基盤整備や交通、都市計画、環境問題などについて学びます。
土木構造設計
鋼構造や鉄筋コンクリート構造物の設計、基礎、土留めなどの設計について学びます。

授業風景

 
 
HOMEPAGE TOP