建築科

建築科とはどんな学科か

建築とは、衣食住の言葉にも表わされるように、原始時代も現代もまた未来にとっても、人類には欠かすことのできない大事なものです。建築物とは土地に固定された構造物で、人、又は物を収容するものであり、人々が快適な生活ができるように、人々の生命が危険にさらされないようにつくることが求められます。建築物は屋根、壁、床などからなり、人体にたとえると骨格は建物の骨組み、皮膚は仕上げにもたとえられます。骨格は、力に対して安全で合理的であること。仕上げは、雨水・火熱などに対処し、騒音を吸収・遮断することが求められます。
建築科は、この人間生活に欠かせない安全性、使いやすさ、快適性、美しさ、経済性を考えます。

資格取得状況(H24年度)

 合格者
福祉住環境コーディネーター2級学卒編入学1名
福祉住環境コーディネーター3級学卒編入学1名

授業風景

 
 
HOMEPAGE TOP